10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

金のない悲劇、金のある悲劇 「ハゲタカ」

2009/07/15
リベンジで観てきました「ハゲタカ」

いや~面白かった。
ここ数年の金融業界のトピックを盛り込みつつ
質の高いエンタティンメントになっていたと思います。

以下、感想(ネタばれあり)です。

ハゲタカ
企業買収をテーマに壮絶なマネーゲームを描いたNHKテレビドラマ「ハゲタカ」
ドラマから数年が経過した日本を舞台に
日本の大手自動車メーカーに買収を仕掛ける
中国系ファンドと天才ファンドマネージャー・鷲津政彦(大森南朋)が
繰り広げる激しいマネー戦争を活写する。

**********************************************************

数年前なら、金融業界をテーマにした映画であれば
ネオンきらめく大都会の夜景から始まったはずです。

でも今作は、ほこりっぽい中国の耕地から始まります。
今や、世界の金融機関時価総額ランキングの1位は「中国工商銀行」
そんな時代を映したオープニングです。

中国政府の命を受け、「アカマ自動車」の買収を仕掛ける
赤いハゲタカ、劉(玉山鉄二)。
この玉山さんの劉がかなりカッコイイ。
スキのないスーツを着こなし、巨大な中国政府の資本をバックに
強引に買収を推し進める劉はひさびさに骨のある敵役です。

対するは、一見冷徹な金の亡者に見えるが、
熱いハートの持ち主カリスマファンドマネジャー鷲津。
鷲津は大森南朋さんの当たり役とされていますが、
ホントのところは柄じゃない気がします。

マンダリンオリエンタルのバーでブランデー傾けてるよりは
高円寺で芋焼酎飲んでるっていう絵がハマるんだよな。
まぁ、そこはそれ。

今回、劉に利用される派遣社員の高良健吾さんがとってもよかった。
社会の底辺にいるけど、どこか希望を捨てない瞳。
使い回しの部品じゃなくて、誰にも変われない
「誰かになるんだ!」という叫びに熱くなりました。


ドラマを観ていないとすこし難しい部分もありますが
中国政府の資本に対するはオイルマネーだったり
リーマンブラザースならぬスタンリーブラザースという証券会社が破たんしたり、
ここ数年の話題が盛り込まれていてリアルに楽しめました。

丁々発止のマネーゲームは当然エキサイティングなのですが
決してそれだけでは終わらない。
単純に「金」か「心」かという選択肢ではなくて
「金」の持つ力を存分に見せつつも「心」がない虚しさも描く。


会社は逆から読むと社会。
よりよい社会をつくるために
会社というハコを使って何が出来るのか?

株式は、本来は金儲けの道具ではなくてその会社の理念に賛同するものが
資本を投じて企業の成長にともなう株価の値上がりという果実を得る。
そして理念のない会社は淘汰されていく。

会社につとめる一社会人として
自分は何を社会に還元できるのか考えたくなりました。

「クライマーズ・ハイ」みたいな
仕事にかけるアツイ男たちを描いた映画が好きならばぜひ!

スポンサーサイト
23:38 映画 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
おはようございます。
とても読み応えのあるレビューを
ありがとうございました。

レンタルショップで今、
テレビドラマのほうもみんな貸し出し中で
なかなか見れないんですよ。
終わっちゃうかな。

大南さん、「蟲師」がよかったです♪
健良さんもいま評価高いですよね。
玉山さんもキレが鋭そうです。
いくら経済をあつかった映画でも、
登場人物に魅力がないと失敗しますね。
でもホワイトネイルさんのレビューを読むと、
なかなかの成功作なんだなと思いました。
樹さんへ
こんばんは~。
長々としたレビューにおつきあいいただいてありがとうございました(汗)
自分が金融業界の人間なので
つい思い入れたっぷりになってしまって・・・

玉山さん演じる劉が泥水にまみれて
ばらまかれたお札をホームレスと奪い合うシーンがあるんですけど
はからずも「銭ゲバ」とリンクしていて
どちらも時代が求めた作品なんだなぁと思いました。

玉山さんも、高良さんも「ノル森」に出るんですよね。
すっごく楽しみです。

ところで、これ観たとき「TAJOMARU」の予告流れたんですよ。
樹さんの記事で、「小栗さんがカムイを意識してる」って
書かれてましたけど、わたしもメチャメチャ気になっていて。

「TAJOMARU」はラブストーリーの要素も
あるみたいですが、小栗さん、愛に生きる男って
オーラが全身に満ちていてかなりカッコよかったです。
もちろんカムイには負けますが。

大がかりな時代劇アクションで公開時期も丸かぶり。
これから何かと比較されそうですよね。
気になる~。



管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。