10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

「サンシャイン・クリーニング」

2009/07/20
「重力ピエロ」を観たときも書いたのですが、
わたしが無条件に弱いジャンルが家族モノ。
特に兄弟愛、姉妹愛に弱い。

イケてない姉妹の絆を描く物語、と聞いた瞬間
観ることを決めてました。
「サンシャイン・クリーニング」
以下感想(ネタばれあり)です。

サンシャイン・クリーニング


2006年アカデミー賞2冠に輝いた「リトル・ミス・サンシャイン」の
プロデュースチームが手掛ける心温まる人間ドラマ。
シングルマザーのローズ(エイミー・アダムス)は、
ハウスキーパーの仕事をしながら一人息子を育てている。
彼女の妹(エミリー・ブラント)はいまだにアルバイト生活をしながらの実家暮らし。
そんな二人が始めた、あらたなビジネスとは?

**************************************************************:

姉妹が手っとり早く稼ぐために始めたのは
事件現場の清掃というかなりフツウではないお仕事。
自殺あり他殺あり、死体こそないものの
ナマナマしく血しぶきが残る現場をクリーニングしていきます。

慣れない仕事をなんとかすすめて行く
姉妹のやりとりがホントに面白い。

押したり引っ張ったりしながら
お互い、そっちのほうが楽だと文句をいいつつ
血まみれのマットレスを運んだり。
重い荷物を兄弟で運びあったことのある人なら
思わず大きくうなづいてしまうやりとりです。

次第に仕事は軌道に乗り始め、
「事件!」と聞けばガッツポーズをする二人。

ところが、人が死ぬ現場の裏側には
その人自身やまわりの人のさまざまな思いがあることがわかり
単なる清掃サービスではない心のやりとりを通じて
さらにやりがいを感じていく姉妹。
そんなところはアメリカ版「おくりびと」の趣もありました。

順調に見えたビジネスですが
ちょっとした行き違いから致命的なミスが勃発します。
そこで、姉妹の間に亀裂が…

姉妹の確執を描いた映画はよくありますが、
大抵は、よくできる姉と劣等感を持つ妹、みたいな
勝ち組、負け組がはっきりしている設定が多い気がします。

この映画に共感するのは、姉妹二人ともがダメダメなこと。
お互いがお互いをなんとかしなきゃ、と思いつつ
自分の面倒も見られていない。
現実ってそんなモノだよなって。

お互いが自立しないと本当に支え合うことは出来ない。
そんなことは分かっているけど、それでも支えようとすることをやめない。
たとえ一緒に倒れちゃったとしても。
それが家族愛ってやつなのかもしれない。

姉妹の仲直りの仕方がとってもリアル。
観終わったあと、温かく幸せな気分になれる映画です。


リトル・ミス・サンシャインは観ていないのですが観たくなりました。

そういえばだいぶ前だけど、松山くんのパソコンのデスクトップ画面、
リトル・ミス・サンシャインにしてるって書いてあったなぁ…

リトルミスサンシャイン



スポンサーサイト
00:15 映画 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
この映画も面白そう。
どこかの国では規制がかかったとかなんとか・・・。
映画館で予告を見たときも思わずクスっと
笑ってしまった。
さてさて、見たい映画が目白押しで
どれを見たものか・・・迷う。


映画レビュー楽しみです
こんにちは。ホワイトネイルさんの映画レビュー気になって、またお邪魔しました。
ハゲタカレビューも楽しかったです。映画、みたくなりました。
そして「サンシャイン・クリーニング」、すごくグッとくるテーマです。
「重力ピエロ」は全面的に弟を受け入れる兄の、一種メルヘンのような話でしたが、
今回は罵り合うときは遠慮呵責なしで、そこがリアル姉妹、という感じがしました。
どうしてもベイビーシャワーに行きたいと願うお姉さんの気持ち、
私はパワフル、私はウィナーと言い聞かせる気持ち、わかるなー。
また、いい映画があったら教えてください。
サチコ@さんへ
ちわ~。暑いね。
ここんとこ立て続けに観た映画が当たってて(MW以外)
ちょっとうれしい。
これから夏の新作がどんどん公開で目移りするよね。
まずはハリポタを早く観なくては。

サチコ@さんとこの「ノル森」の画像の素敵さに倒れそうになって
今日本屋にダッシュ!してきました。
み~みさんへ
暑い日が続いてますが、お元気ですか?
レビュー楽しみにしていただいてるようでうれしいです。

備忘録的に書いている部分もあるし
主観的に書きなぐっているだけのときもあるので
共感してくれる方がいるのかと、たまに心配になったりしてます(汗)

同じ兄弟愛、姉妹愛を描くにしても
いろんなアプローチがありますよね。
「サンシャイン~」が「重力ピエロ」に比べて
あけすけな感じがするのは、女同士だからかもしれないですね。

「ハゲタカ」はホントにおススメですよ~。
お時間あったらぜひ!


管理者のみに表示
« 夏の風物詩 | HOME | 三連休 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。