10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

こんな夜は…

2010/01/22
今さらですが。
昨日はまた交際容認報道がウルサかったですね。

わたし自身は、ある時期、
松山くんについては仕事だけを見ようと決めてから
プライベートな報道はできるだけスルーしてます。
自分が傷つかないように心にしっかりカギをかけている臆病者です。

それでもあちこちの松友さんの悲痛な叫びには
やっぱり心が痛みますね。

「認めてほしくなかった」




プライベートに関する言動でファンが離れていって
そして誰もいなくなった、
なんてシャレにもならない。

もちろんこんなことでつぶれるちゃちな才能じゃない
とは信じてますけど。

わたしがなんで松山くんに魅かれたんだろう、
と思い返してみると

彼のなかに、いつもなにか満たされないものがあって
それが本人にも何だかわからないんだけど、
役を演じることで、その足りないピースを埋めようとしているような、
でもやっぱり埋めきれなくて、またなにかを求めて
役に憑かれていくさまがたまらなく好きだったんですよね。

でも、最近は実生活ですごく満たされてるみたいで
もう役を演じることで足りないピースを埋める必要なんかないじゃん!
って思ってしまう。

それによって彼の演技が変わるのか変わらないのか?
変わったとしたら、その姿を観るのがすごく怖いです。

ただ、松山くんの立場で考えると

自分をとっても好きだと言ってくれている人たちが
自分にとって大切な彼女と別れてほしいと思っている=自分の幸せを願っていない
としたら、これはこれでとってもヘビーなことですよね。

ま、そんなことに思い及ぶくらいなら
多少言動には気を使うか。

計算もなし、スマートな立ち回りもなし。
それが松山ケンイチ、といわれたら
惚れた弱味で何も言えないんですけど。

それにしても、GANTTZの仕事ぶりが観られるのは
来年だし、現在進行形の松山ケンイチの仕事を観られる方法は
何かないんでしょうかね。

こんな夜に観たくなるのは、やっぱり風太郎なんです。


スポンサーサイト
23:37 松山ケンイチ | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
ホワイトネイルさん、おはようございます!

ほんと、うるさすぎました。
楽しみにしていた映画のことや
おめでたい受賞のこと
一気にぶっ飛んで交際容認のことばっかり。
あれだけえげつない記事ばっかりで溢れると
気分もおちますね(=_=;
映画そっちのけで残念です。
ホワイトネイルさんのなんでケンさんに惹かれたんだろうを
読んで、うんうんと頷く自分がいます。
そうなんですよ、ケンさんはいつだってグルグルしてました。
いつも自分探しをしてましたよね。
そこから発せられるケンさんの言葉に
私はいつも気付きを貰ったり、自分自身を反省したり。
年下の男の子ですが彼の言葉の一つ一つに勉強させられる
部分もたくさんありました(^ー^;A
プライベートの充実でグルグル解消
      ↓
   演技が変わる
なんて恐ろしい( ´;゚;ё;゚;)
そんなことがないよう祈りましょう!
でもきっと大丈夫ですよ!

ケンさんは容認してスッキリしたんじゃないかな
って思います。
ただあのタイミングはNGだと私は思ってます( ̄д ̄)
映画よりそっちに注目を集めてしまいましたよね。
作品が台無しです。
計算もなく素直なケンさんが大好きだけど
ほんとに大好きなんだけど
もうそろそろ、、、
その場その場の状況に合わせた対応ができるように
なってほしいな。(特に熱愛などは)
と切に願ってしまいます(;≧ω≦;)
上手く立ち回る術も必要ですよ。
まぁ、、、
こんな身勝手な希望、ケンさんにしたら
大迷惑でしょうね(笑)

たくさん想うことはあるんですが
きりがないですorz.. 。......
長々とすいませんm(__)m

ベルボさんへ
こんにちは。
コメントありがとうございます!

やっぱり気持は乱れますよね。
わたしもあのタイミングはなかったと思う。
ちょっとまともにみれなかったです。

やっぱり今回のことに失望している人は
なんだかんだケンさんのことを心配しているんだなと思いました。
余計なお世話かもしれないけど
ちょっとした報道でいくらでも足をすくわれる世界だと思うし。

「君と僕」だけじゃなくて
まわりをもう一度見つめ直してほしいですよね。
怒りがあきらめに変わったら、行きつくところは無関心ですから。
嫌いにさせないで!って祈るような気持です。

ベルボさんがおっしゃるように
わたしもケンさんの言葉に教えられたこといっぱいあったんですよね。
どこまでつきつめるんだってぐらい
考え込んじゃう姿が好きでした。←過去形?(^^;)

変わらないでいてほしい部分もいっぱいあるけど
常に進化していくケンさんのことだから
いろんな経験をさらに自分で消化して
つまんないことでわたしたちが悩まないぐらい
素敵になって魅了してほしいですよね。

春は来ると信じて待ちましょうね。





管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。