10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

松山ケンイチ×妻夫木聡 夢のW主演

2010/05/13
お久しぶりでございます。
このまま静かにフェイドアウト…
とも思ってたんですが、
こんなニュース出ちゃったら
更新しないわけにはいかない。

松ケン&妻夫木、激動の60年代描く

「マイ・バック・ページ」で初共演


あえて名前は逆転させていただきましたm(._.)m

Yahoo!ニュースはこちら
「GANTZ」以来、約半年ぶりの映画新作発表。
長かった~。

もちろん橋田ドラマの出演も嬉しかったんですが
スクリーンに映る松山くんは
何ものにも代えがたいので。


原作は、文芸・映画評論など多岐にわたる分野で活躍する川本三郎氏が
朝日新聞社の記者時代に経験した日々をつづったノンフィクション
「マイ・バック・ページ 60年代の物語」

“社会の熱”に葛藤(かっとう)を抱える記者と
新左翼系のリーダーの交流を軸に
71年に起きた「朝霞自衛官殺害事件」にまで発展してしまう、
激動の時代を駆け抜けた若者たちの姿を描く社会派青春ドラマだ。


妻夫木が理想に燃える若手記者、
松山がその記者を挫折に追い込む学生活動家という役どころで
対峙(たいじ)することになる。



うわぁ~、何だか熱そうなドラマですね。
妻夫木くんが葛藤しつつ成長する等身大の青年を演じる一方で
松山くんが狂信的なカリスマを演じるなんて
考えただけでもワクワクします。

今浮かぶのは風太郎のイメージ。
理想が高くて潔癖で
歪んだ正義感を持っている。
決して共感はできないんだけど
なぜか魅かれてしまう人物。


2人の人気俳優の起用を実現させた山下監督は、
それぞれの魅力を「妻夫木くんは常に地に足がつき、
等身大の僕らの目線で共感できる人間を演じきることができる。
松山くんは、その特異な存在感で見ているこちら側を
別の世界へ連れて行ってくれる」と説明。



山下監督のコメントにもあるように
二人ともハマリ役ですよね。
個人的には、逆の役をやらせても
面白かったんじゃないか、とも思いますが。

それにしても豪華共演だな~。
ホリプロ、勝負してますよね。
そういや創業50周年記念映画って
その後どうなったんだ?


ところで気になるのが
最近やたらW主演って多くないですか?
何で?

たしかに共演は観たいけど
W主演ってことになるといろいろ
扱われ方の問題とかあるじゃないですか。

「GANTZ」は言うまでもなく
今回も報道は「妻夫木×松ケン」だし。
キャリアと実績を考えればやむなしですが、
ピンで主演もそろそろお願いしたいものです。


ってちょっと情報が出てくると
すぐ欲張ってしまう。
とにかく今日はHappyな一日でした。



















スポンサーサイト
21:46 松山ケンイチ | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
ホワイトネイルさん、こんばんは~

先ほどはコメントありがとうございました!
フェイドアウトを考えてたなんて…
寂しいじゃないですか~・゚・(ノД`;)・゚・
でもその気持ちもわかりますよ。。。
(結局、私もペースダウンしてますから。。。)
でも良かったです^_^
久々にホワイトネイルさんの記事読めて安心しました!

風太郎のイメージ
ケンさんの演じる役柄を見て
私もすぐに風太郎を思い出しました!
計算高く、屈折したような人間像…
こういう陰な役柄をやらせたらケンさんすごいですよね。
想像しただけでちょっと鳥肌(((( ;゚Д゚)))

ホワイトネイルさんのおっしゃるように
逆の役をやらせたら面白かったかも!
妻夫木くんじゃ想像できないですもん。
正統派なイメージが強いので(^ー^;A←悪い意味ではなく

あ、ホリプロの創業50周年記念映画ですが
最後の一人、、、確か石井正則さんだったはず
http://www.cinemacafe.net/movies/cgi/23021/
なんだか拍子抜けな結末で記事にもしませんでしたよ( ̄д ̄)

それから草なぎくんサイドのブロガーさんのところで
見つけたんですけどあちらのロケの画像サイトです。
残念ながらケンさんは写ってないですが現地の雰囲気を♪
http://www.magnoliavoice.com/2010/05/02/japanese-film-crew-takes-over-magnolia-neighborhood/
英語なので内容がさっぱり(笑)

長くなりましたが…

このHAPPYがしばらく続きますように…(´∀`*)

ベルボさんへ
こんばんは!!
ひさびさの更新なのにさっそくコメントくださって
ありがとうございます!

やっぱりベルボさんも風太郎連想されました?
風太郎には、あのときのケンさんが出来うる
すべての表現が注ぎ込まれてた気がするんですけど
さらに進化して凄味のある演技を見せてくれそうですよね。

ホリプロ50周年記念映画、
最後の一人が石井さんって・・・(^^;)
あの思わせぶりな前フリは何だったんでしょう?

ロケ現場の情報もありがとうございます♪
可愛らしい街で撮影してたんですね。
仲間さんの隣にいるのがケンさんだったらいいのに。
すっかり撮影は終わってるもんだと勘違いしてました。

なにせ、もう「マイ・バック・ページ」でアタマいっぱいですから。
しかも今日はGANTZスーツも公開されましたしね。
夢のような日々がもう少し続いてくれそうですね♪


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。